新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

<1月の診療日および休診日>

(しっかりと治療方針を聞きたい!!歯をしっかり治療したい!!歯を残したい!!審美的に治療したい!!)保存修復治療、歯内療法、審美歯科、マイクロスコープ、補綴治療、インプラント治療、歯科矯正なら新潟市中央区大島の日本審美学会認定医の浅井歯科医院:新潟市中央区大島40−1 TEL:025−282−5694

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

『浅井歯科医院』も本日、無事に3周年をむかえる事が出来ました。

今後も、

一人一人にあった治療•予防処置を行う歯科医院

として、地域の皆様に貢献できるよう、スタッフ一同頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-12-23-41

                             

 CT  

 CEREC  

 マイクロスコープ

                                                                                           

(しっかりと治療方針を聞きたい!!歯をしっかり治療したい!!歯を残したい!!審美的に治療したい!!)

保存修復治療、歯内療法、審美歯科、マイクロスコープ、補綴治療、インプラント治療、歯科矯正なら

新潟市中央区大島の日本審美学会認定医の浅井歯科医院

日本審美学会認定ホワイトニングコーディネーター歯科衛生士)

:新潟市中央区大島40−1 TEL:025−282−5694

                            院長 浅井 哲也

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

2年前ぐらいに他院でセラミック治療をうけた歯に違和感があると言う患者様

気になる歯をチェックすると色々な問題がありました

しっかりと説明させていただき、セレック即日修復をおこなうことに!!

左:術前

セラミック修復物と歯との間に隙間があり、接着されていない場所も確認できました

中:術中

旧セラミック修復物を除去し、虫歯を除去したところ

左:セレック即日修復後

治療時間:1時間半

 

保存修復治療、歯内療法、マイクロスコープ、審美歯科、ダイレクトボンディング、CEREC(セレック)、オールセラミック:e.max 、ジルコニア、補綴治療、インプラント、矯正なら新潟市中央区大島の日本審美学会 認定医の浅井歯科医院:新潟市中央区大島40−1 TEL:025−282−5694

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

<5月の診療日および休診日>

2017年5月

保存修復治療、歯内療法、審美歯科、ダイレクトボンディング、CEREC(セレック)、オールセラミック:e.max 、ジルコニア、補綴治療、なら新潟市中央区大島の日本審美学会 認定医の浅井歯科医院:新潟市中央区大島40−1 TEL:025−282−5694

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

初診時(初めて来院される患者様)

当医院では、今後の治療や治療計画の説明をしっかりと行うため、

・初診時の口腔内写真

・レントゲン写真

・歯周基本検査

  • 歯周ポケットの深さ
  • ポケット測定時の歯肉出血
  • 歯の動揺度
  • プラーク(歯こう)付着度

など

患者様の口腔内の情報収集をさせていただきます。

その情報をもとに、今後の治療方針の内容等しっかりお話しさせていただきます。

その後、歯周処置(歯石取りなど)を行ってから、虫歯等の処置をおこないます。

(歯肉:歯ぐきの状態が悪い状態で、治療をしても、良い治療ができないからです)

 ※痛みがある場合など、応急処置が必要な場合は応急処置をいたします。

 

新潟市中央区大島の浅井歯科医院 

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

今回は、ファイル破折除去と感染根管治療のケースです。

主訴は、右下に違和感があり、噛むと痛い

初診時のレントゲン写真から根尖病巣の透過像が認められます。

また、近心根にはファイル(根の治療をする道具)破折と思われる不透過像!!

患者様にも治療の内容等しっかりお話しし治療開始。

スクリーンショット 2017-01-28 15.43.27

左:初診時の口腔内写真 右:レントゲン写真

 

スクリーンショット 2017-01-28 15.43.47 スクリーンショット 2017-01-28 15.44.29

左:ガッタパーチャー後のレントゲン写真 近心根にはファイル(根の治療をする道具)破折があります

右:バイパス形成をおこなった場所に#10号をいれたレントゲン。

丁寧にバイパス部の根管形成拡大を行い、超音波チップを使いながらファイル(根の治療をする道具)を除去。(2回目の治療で除去!!)

スクリーンショット 2017-01-28 15.45.30

写真:除去したファイル(3.5mm)

ファイル除去後、根管形成をおこない、症状がなくなったため、根管充填。

スクリーンショット 2017-01-28 15.45.54

写真:根管充填後のレントゲン写真

 

 

根管治療の成功率は再根管治療になるほど低下し,術前に根尖病変が認められるほど低下していくと報告している(Sjögren らJ Endod 1990; 16: 498‒504.)

歯の根の治療を繰り返す程、予後(成功率)が悪い!! = 長持ちしない!!

歯をしっかり長持ちさせるためにも、根の治療は大事な治療です。

保存修復、歯内療法処置(根の治療)なら新潟市中央区大島の浅井歯科医院

新潟市中央区大島の浅井歯科医院です。

ケース:歯の色が気になる患者様。

色々と歯を白くする方法をしっかりとお話しし、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングすることになりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-9-41-19

左:術前 右:ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング後

(術前と術後を比較するとホワイトニングの効果がみてわかります)

歯の色(変色など)が気になっていた方、ホワイトニングに興味がある方など、是非ご相談ください。

当医院の歯科衛生士は日本歯科審美学会のホワイトニングコーディネーターです

 

審美•審美歯科•ホワイトニングなら新潟市中央区大島の浅井歯科医院